オークションの基本

オークションとは、多数の人に値を付けてもらい一番高い値を付けた人に商品を売るというものです。テレビなどでも絵画などの美術品が会場内に運ばれてきて、手や札を上げながら入札金額を提示しているオークションの風景を見た事がある人も多いと思いますが、そのようなオークションは一般的なものではないと言えます。参加した事があると言う方も少ないと思います。

オークションオークションは一般的には品物に対する対価を購入希望者達と競い合って行われます。このような形態以外にも売り主から購入条件が提示され、その購入条件を満たした購入希望者のみが商品を手に出来る条件競売と言うものもあります。オークションと一言で言っても、さまざまな種類があるのです。
オークションは競売とも呼ばれており、市場などで行われている競り(せり)もオークションの1つになります。身近な様で身近でないオークションですが、最近ではインターネットを使ってするネットオークションが人気を集めています。

オークションどの種類のオークションでも提示する対価(希望購入金額)には制限がないことがほとんどです。すなわち青天井なのです。一般的には対価は少しずつ上がっていくものなのですが、最初から他の購入希望者を寄せつけない対価を提示する落札方法もあります。
ややマナー違反の傾向もありますが、落札する方法の1つになります。オークションは予算が多い方が有利ですが、価値の半分もの値で落札される事も多々あります。

オークションの種類

オークションオークションにいくつかの種類があります。まずはシングルオークションに付いてご紹介します。シングルオークションは、売り手もしくは買い手のどちらかが価格を提示します。生鮮食品などで行われている競りもこのシングルオークションに分類されます。
次は公開入札方式です。公開入札方式は文字通り、公開で行われるオークションです。この公開入札方式にはイングリッシュ・オークションとダッチ・オークションがあります。

イングリッシュ・オークションは複数の入札者が値を釣り上げながら行うオークションです。ダッチ・オークションはその逆で出品者によって価格が提示されます。徐々に価格が下がっていきますので、入札者は希望の金額に下がった時点で入札します。他にもオークションには特殊な形態がありますが、上記でご紹介したものが一般的なオークションになります。